FOMA movaのメリットデメリット

FOMAは、movaの跡継ぎシステムであり、FOMAが登場してからは当面movaの方が実際に全国レベルでエリアが広がっており、用途としてはmovaの方良かったようだ。

もっと具体的に言うと、FOMAは、movaと互換性がなく、従来のmovaの基地局が使えないことと、2GHz帯と800MHz帯との電波伝搬特性の違いによりサービスエリアは狭いと言われていたが、日本全国的にエリアに定評のあるmovaと同等のエリアまで拡大された。

これは、FOMAへのユーザ移行を進めようとする意図から、地方や都市郊外の住宅地などを重点的に基地局を設置した結果だといえる。

ただ、屋内への電波浸透度(建物内での通信安定度)においてはmovaに比べ、劣っている。

また、通信速度も最大384Kbpsであり、ライバルであるauのWINの最大2.4Mbpsよりも遅い。その為、最大3.6MbpsのHSDPA方式を導入するなど対抗策を打ち出している。

さらに、開始当初は電波同様に苦情の多かった切れやすいなどの通話の品質の悪さも大幅に改善されているようである。

つまり、今の時点もしくは将来的にはFOMAの方が利便性が高くなると予測される。何といっても新世代通信法ですからね。
posted by FOMA903i速報局長 at 23:40 | FOMA903i速報局

My Yahoo!に追加

上のボタンをクリックすると、
あなたのMyYahooに「FOMA 903 i」の最新情報が随時届くようになります★

※Yahoo以外のRSSをお使いのときは、



↑のアドレスをあなたのRSSリーダーに追加してくださいぴかぴか(新しい)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。