FOMAプラスエリア

FOMAプラスエリア(フォーマプラスエリア)とは、NTTドコモの第三世代携帯電話・FOMAの一部機種で利用できる、800MHz帯のW-CDMA方式による携帯電話通信サービスエリアのことだ。FOMAプラスエリアにより、今までのFOMAサービスエリア(2GHz帯)では電波が届きにくかった、山間部での電波状況の改善が期待されている最中だ。
FOMAプラスエリア対応機種では、FOMAサービスエリア(2GHz帯)とFOMAプラスエリア(800MHz帯)の両方で通信・通話が可能になっている。通常のFOMAサービスエリアと、FOMAプラスエリアで利用できるサービス、および料金に違いはない。
同じくドコモのmova(ムーバ)も800MHz帯を使用しているが、こちらはFOMAとは異なるPDC方式であり、movaのエリアとFOMAプラスエリアに直接の関連性はない。またN2701のような、一台でデュアルネットワークが使用できるようなサービスでもない。
通信量の多い地域からの携帯電話電波を十分に遮へい可能な地形の特定の山間部や陸地からかなり離れた離島において、空港無線電話(空港MCA)等に使用されている800MHz帯の周波数帯の一部を重複してFOMAプラスエリアにも使っているため、都市部での恩恵を受けられるのは2012年を目処とする800MHz周波数帯再編による空港無線電話や同周波数帯を利用しているauの新周波数帯への移行完了・movaサービスの廃止を待つことになる。
ただし、都市部においても地下街など電波の閉塞エリアにおいては、地上の800MHz帯の電波と干渉しないため、一部でFOMAの使用が開始されているようである。
現在のところ、あくまでもFOMAがメインで利用する周波数帯は2GHz帯である。800MHz帯はそれを補完する目的で利用されており、FOMAプラスエリアによるエリア展開は一部の山間部と地下や電波の干渉する事のない小笠原のような離島に留まっている。
posted by FOMA903i速報局長 at 22:15 | FOMA903i速報局

My Yahoo!に追加

上のボタンをクリックすると、
あなたのMyYahooに「FOMA 903 i」の最新情報が随時届くようになります★

※Yahoo以外のRSSをお使いのときは、



↑のアドレスをあなたのRSSリーダーに追加してくださいぴかぴか(新しい)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。